そしたら生命保険
*
ホーム > 注目 > マーケットを読む

マーケットを読む

「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを取引して利幅を生み出す商品です。

価格は四六時中上下しています。

それがマーケットです。

ニュースサイトを見ていると、ドル円やユーロ円の市場の話題が流れます。

 

例としてあげると、「本のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事を意味するのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表しています。

 

言い換えると、取引には、買いと売りの値段が存在している事を表しています。

売値のことをBID、買値のことをASKと提示しているFX取引会社も存在しています。

 

普通は売値の方が低い値段になるものです。

自分が買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

 

その差分をスプレッドといいFX業者の儲けのひとつとされています。

 

スプレッドの狭さは取引会社によって異なります。

スプレッドの狭さはあなたにとって出費になるので小さいFX会社を選択したほうが得です。

ただし、同じFX取引会社でも局面によってはスプレッド幅は変動します。

 

仮に普段はドルと円の組合せで1銭のスプレッド幅だとしても、為替の上下動がかなり激しいケースでは1銭よりも大きくなる事があります。

ですから、スプレッド幅が狭いのと同様に変化しない事が必要です。

この頃では固定でスプレッドを示す業者も存在しています。

 

現実に業者の注文画面の中で実際の為替レートをチェックしなければ判別できないのですがとても重要なことです。

 

大切な財産を投資してエントリーしますので、取引の前に魅力的に思えた会社の取引するための口座開設を試してスプレッドの差を知っておきましょう。

http://roslbmym.anime-movie.net/

同じ通貨ペアでも、そのタイミングの外国為替市場の変動率によって外貨のスプレッドの狭さは異なる場合があります。

 

いつもはインターバンクで流動性の高いペアではスプレッドの広さが狭く、この他のペアではスプレッドの幅が大きくなるのが普通です。

 


関連記事

伝統にんにく卵黄 口コミ
朝食を酵素ドリンクや野菜、果物といったものにすると、酵素ダイエットは続けやすくな...
リニアモーター式エレベーターはどこで使われている?
リニアモーター式のエレベーターは通常のロープで結びつけられているものと違い、建物...
ケフィアヨーグルト 種菌
オールインワン化粧品で肌ケアをしている人も大勢います。実際、オールインワン化粧品...
太陽光発電の事業者が倒産が増えている
  太陽光発電の事業者の倒産が増えていて 2016年では最多になってし...
国家公務員のボーナスが平均70万4800円
国家公務員のボーナスが平均70万4800円 と発表されました。 この数値は多いの...
結婚式でフラッシュモブでサプライズを実現したいので
フラッシュモブジャパンのフラッシュモブ 福岡みたく、 結婚式でフラッシュモブでサ...
整骨院?それとも接骨院?枚方市の道を歩きながら考える
街にある看板をみると整骨院とあったり接骨院とあったりしますよね。素人目からすると...
裁判所が関与する債務の整理
特定調停も任意による整理と似ていて、おのおのの債権を持つものへの債務の返済を続け...
マーケットを読む
「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを取引して利幅を生み出す商品です。 価格は四...